FXのシステムトレードについて

FX取引は、個人投資家自身が行うものと考えがちですが、FXでもシステムトレードが可能です。

システムトレードとは、コンピューターのプログラムが為替の自動売買を行うシステムのことです。

個人向けFXのシステムトレードして代表的なものがミラートレーダーです。
ミラートレーダーはイスラエスのシステム会社が開発したシステムで、ストラテジーと呼ばれる100種類以上用意されたアルゴリズムをトレーダーが選択するシステムとなっています。
このミラートレーダーを利用すれば、個人投資家でもシステムトレードが可能になります。

ミラートレーダーでは、トレーダーは自ら売買をオーダーする必要はありません。トレーダーが行うのは、ストラテジーを選択することだけです。ストラテジーは自動で売買を行いますが、さまざまな条件のもとで自動的に判断して取引を行うことになります。
そこで通常はひとつのストラテジーを選択するのではなく、複数のストラテジーを選択し、ストラテジーの最適な組み合わせであるポートフォリオを探すことになります。

為替相場で勝負するのはFXの初心者でも気軽に取引できますが、同じ相場にはプロのトレーダーもいると言うことを忘れてはなりません。どのような仕事や勉強の場でもそうですが、その道でスペシャリストになろうとするなら、皆、地道に基礎となる学習や練習を怠らないものです。スポーツ選手や医者、弁護士、建築士、あるいは学生でも専門性を身につけなければ勝負が出来ない分野のことを考えればわかると思います。 FXも上記のような“スペシャリスト”と匹敵するほどの専門性のある分野なので、基礎知識さえインプットせずに相場に臨むこと自体が無謀と言えるのかもしれません。 トレードを本格的に行うためには、リスク管理の手法や相場分析テクニック、資金管理など数多くのことを学ぶ必要があります。当サイトでは、誰もが知っておかなければならないFXチャートの分析方法やテクニカル指標の使い方などを中心に、勝利へ一歩でも近づくためのコツを詳しくお伝えしています。基礎知識を広く勉強していきながら、最終的には実践に役立つトレーディング技術を深く楽しく学んでいきましょう。
出典:FXチャート分析ガイド | 使えるチャートで勝てるテクニカル分析

システムトレードでは、大きなトレンド変換が発生すると、それまで順調に利益を稼いでいたストラテジーが機能しなくなるということが発生します。
ストラテジーのプログラムがトレンドに適応しなくなるのです。
したがってシステムトレードでは、こまめにストラテジーの取捨選択を行っていくことが、トレーダーの仕事となります。

トレードの経験と考察がFXで勝ちに近づく

デイトレードで勝つ為に必要なことというと、FXではより顕著に差が現れるのはピンチの状況の時にあせらず冷静な判断ができるかどうかです。

投資とは突き詰めれば資金管理の上手さがトレードの腕に直結するので、プロの方は皆リスク管理を徹底して行っています。
これはもちろんFXも例外ではありません。
そうした冷静な資金管理のメンタルを培う方法は、やはり実際に自分でFXを毎日続けていくしかないのです。

一度も負けずに続けていくことは誰にもできないのでたまに痛い損失を被ることがありますが、むしろ窮地に陥った局面でどう行動したかで成長していくはずです。
何故その建玉を持ったか、予め決めていた手法通りだったかを考察していかないと同じ失敗を繰り返してしまうので、勝っても負けてもエントリーした理由付けが示せるようにしましょう。

習慣として続けていけば、稀に起こる予想外の要人発言や介入などの異常な値動きにも余裕を持って対応できるようになります。
FXの情報や知識の大部分は誰でも入手できるので、最終的にはアノマリーに繋がる経験を積むことが成功へ近づく一歩になるでしょう。

投資以外の様々な事柄と同じく、地道な作業を繰り返していくことが勝利への鍵となるのです。

FXで300万円あった借金を全て完済しました

私には借金があり、自己破産をするかしないかの決断に迫られていました。

今までギャンブル三昧の人生、最後にFXに賭けてこれで成功をする事が無かったら潔く諦めて自己破産をして不便な人生を送ることを受け入れようと決意をしました。
FXを始めるのは簡単でした。
インターネットで始め方を調べながら進めました。
ギャンブルが好きな人にはFXは向いています。
FXはギャンブルそのものなのです。昔から投資はギャンブルとはよく言いますがその通りです。FXは上がるか、下がるか、それだけを賭けるだけです。
色々な知識や情報は必要になりますが、殆どの人は運任せではないでしょうか。
私はFXをしながらも、そのギャンブル性に惹かれていつの間にか当初の借金を返済するという目的を忘れてFXというマネーゲームに夢中になってしまいました。
そうして、楽しくスリルを味わいながらも、どんどんと勝ち続け、お金が貯まる快楽を味わいました。
お金が貯まっても死に金では意味がありませんので循環を良くして投資金とし、どんどんとFXを進めて行きます。そうすると雪だるま式にお金が増えて行き、借金の返済も順調になりました。

今までは食うか、食わないか、そんな生活でしたのにお金の心配をせずに好きな物を食べながらも余裕で借金の返済をするというトントン調子の生活が始まりました。
最初は月に14万円くらいを稼いでいたのがその内一日に14万円を稼げるようになり、気がつくと借金の300万円を超えていました。

これならば借金が一括返済できる、と私は利息を支払うのを避けるために一括返済をし、めでたく借金生活が終了をしました。

デモトレードで低レバレッジから始めましょう

FX投資を始めたいと思っても、いきなり高レバレッジでの取引を行うのは危険です。また、リアルマネーでの取引を始める前には、デモトレードである程度の感覚を掴んでおくことも忘れてはいけません。

FXは手軽にできる投資方法だと言われています。確かに、少ない資金で始めることができる稀な投資法だと思います。でも、投資ですから失敗のリスクもあります。それに、より少ない資金でFX取引をするには、レバレッジを大きく設定する必要があります。実はこれは初心者にとってはとてもリスキーなのです。

FX取引初心者の方は、そもそもチャートからトレンドを読み解くことも難しく感じると思います。その状態で勘だけで投資をしてしまうと、ほぼ間違いなく失敗すると言っても良いでしょう。FX取引で利益を生むには、正しい経済知識と各種チャートの読み方などが必要になるのです。

デモトレードなら実際のお金を使わずにFX取引を学ぶことができます。デモトレードで失敗率を下げることができなくては、実際のトレードなんて到底無理です。デモトレードでまるで実際の取引のようにFX取引を体験し、利益をあげられるようになってからリアルマネーでの取引に移るようにしましょう。

まずは低いレバレッジでも利益を出せることを目指してみてください。

FXで稼ぐことはできるか

FX投資で実際に利益を上げられている投資家はどの位いるのか興味深いといえます。このFXの難しさとしては、予想外に相場が変動する場合があることです。大きな変動は市場が混乱することになり、大きなポジションをそのときに保持していると、損失が拡大するリスクがあります。このようなリスクを避けることができる唯一の方法はストップロスの設定をして、早めに相場から撤退をしてしまうことです。

含み損を抱えていると精神的によくないので、このようなときには、早めに損失を確定して相場より距離をおくのがよいといえます。FXをやっていて思うことは、いかに投資をする資金を減らさないようにするかということです。こまめに損切りをしていると、次回にこうした損失額をカバーできる場合もよくあります。またFXで稼ぐことができる人は偶然に成功している人達というよりは、毎日よく相場の分析をしたり情報をチェックしたりよく勉強をしている方々といえます。

日々のこうした努力をしていない投資家にとっては、FX取引で稼ぐことができるようになるとはいえません。成功への近道といったものはないので、稼ぐことができるようになるためには、よく勉強をしたり経験等が必要になります。

もっと早くFXを始めていれば

どうして今までもっと早くFXを始めていなかったのかと、毎日後悔をしています。
5年前からFXを始めていれば2億円は儲けていたのです。
今では大金を稼げているFXですが、FXが流行をし始めた頃、私はお金はこつこつと地道に稼ぐものだとし、低収入の仕事に甘んじていました。

そうして低収入の仕事をしていた時間を全てFXに回していれば今頃億万長者になっていました。
私がFXを始めてからはまだ4ヶ月しか経過していないのですが、月に数千万円レベルを稼げています。
勿論、投資をしているお金が大金なのでこうして大きな金額を稼げているのです。
今まで大した給料を貰えない仕事をしていた時間、暇だからといってゲームをしていた時間、別に好きでもない友人と遊んでいた時間、そういった無駄な時間を全てFXに費やしていれば億単位のお金が貯まっていたはずでした。
私がFXに手を出さなかったのは単に面倒であるからと、小銭レベルしかリターンをしてこないのではないかといった知識不足でした。

ここまで色々な人がFXをしているという事は、小銭レベル以上にお金が稼げるから他になりません。

現在FXを始めようかどうしようか迷っている人へ、始めるならばお早めに。

オリラジ中田、堅実にFXしている

オリエンタルラジオの中田敦彦がFXをやっているというニュース記事を読みました。
現在ではトータルではプラスだけども最近は負けが続いているそうです。
そういうことってあるよな、何でか知らないけど、と自分の体験を通して色々共感したりしました。

投資スタイルは堅実にやる方とのこと。
さすが慶應義塾大学出身、賢いなと思います。

FXをギャンブル感覚でやるのは愚の骨頂です。
そういう一見ギャンブルに見えなくもないことでどう安定して成果を出すかというのが腕でしょう。
これからも堅実に頑張って欲しいなと思います。

最近こういう芸能人が投資で儲かったという番組や雑誌などが多いですよね。
おそらくそれで得をする業者がもっともっとプレイヤーを、と宣伝を打ちまくっているのでしょう。

どこかで、金鉱を掘るよりもスコップやジーンズを売った方が儲かる、みたいな言葉を読んだことがあります。
おそらくFXを自分でやるよりも、そうやって人に勧めた方が得をするのです。
取引が増えれば増えるほどFXを運営する業者は手数料が入るし、ちょっと検索してみるとFXの教材やツールを販売してるブログがたくさん出てきます。

私としてはあなたにFXをしないで欲しいのですが、どうしてもやりたいというのならこのオリラジ中田みたいに堅実にやってください。
そう思って今日紹介しました。

豪ドルが急落!ドルは底固い!ユーロは売られる!

1月16日の豪ドルの雇用の指標が悪かったことで、豪ドルが急落しました。
豪ドル米ドルは数年ぶりの安値に達しました。米ドルも日本円に対して下落してきましたが、
確かな経済回復と金融緩和の縮小により、底固さを感じます。

今年は、ユーロは米ドルに対して売られる年になると予想します。

金融緩和を続けるユーロと、金融緩和を縮小する米ドル、特にアクシデントがなければ
米ドル高、ユーロ安が進む確率が高いでしょう。

今は、日本株に資金が集まっています。値上がりしてる日本株を眺めてると、
結局FXはゼロサムゲームなんだと思います。株は上昇局面では確実にプラスサムゲームになります。
自分も、今まである程度の資金量をFXに投じていましたが、最近は、FX及び外貨投資は、
最悪の円安株安の同時進行が起きた時にそなえてわずかだけ持っておいて、残りは株にしておこうと
思います。

ですが、株が弱くなって、円高が進行する局面になったら、ドル円のショートなどのポジションを作れる
FXは有効だと思います。しかし、株価が上昇する局面では、FXより確実に株が上回ります。
FXは、例えば、米ドルにしても、ユーロにしても、豪ドルにしても、それを持ってるだけで、その通貨が
利益を生み出すということはないです。一方、株式は、株式そのものが利益を生み出してくれます。
その差は、非常にでかいです。

FX取引と経済指標

FX初心者にとって、トレードは決して簡単なものではないでしょう。
まずレートがどの方向に変動するかを予想することが難しいと言えるので、勘だけでトレードをしてしまうと損失が大きくなってしまう可能性があります。

FX初心者でも比較的失敗しづらいトレード方法というと、各種経済指標を参考にしたトレードです。
例えば、アメリカの雇用統計発表のタイミングに合わせてトレードをするといった方法がこれに当たります。

経済指標にもいくつかの種類があって、その内容によってレートの変動が読みやすくなります。実際に経済指標の発表があってからレートに反映されるには、わずかなタイムラグが生じます。
ですから、発表された経済指標の内容を確認して瞬時にレートを判断し、より利益に繋がるタイミングで取引をすればよいことになります。

とはいえ、これにはきちんと経済知識も必要です。発表された経済指標の内容の意味が全く分からないと、せっかくの有益な情報が無駄になってしまいます。
FX取引自体は初心者にも取り組みやすい投資方法の1つであると言えますが、実際の取引を開始する前にきちんと経済を学ぶことは必要です。

反対に、しっかりした知識があれば比較的投資しやすいのがFX取引の特徴だと言えそうです。

FXで年収1000万円を稼いでいます

FXで年収1000万円を稼いでいます。

私はFXを始める前、FXなんて儲かるのはそういった投資の専門家であり、かなり知識のある人物だろうし1パーセントの人物しか稼げていないだろうと考えて敬遠をしていました。

FXで不労所得を稼いでいます、という話やFXを始めてから月に300万円を稼いでいます、といった話を見ても、どうせ私には稼げないだろうし最初はとんとん拍子で稼げていてもその内損害が発生をするのだろうと遠巻きに見ていました。

私は戦わずに逃げている負け犬でした。世の中に大金持ちが沢山いますが、そういった人物たちは私のように負け犬とならずに戦いに挑んだ結果大金持ちとして成功をしたのです。

やらなかったら損害は起こらないけれど、やらないと儲からない、当然のことです。

しかし、やらないままでいたら本来FXで儲かっていたはずのお金をみすみす見逃している、つまりは損をしているも同然でした。

色々とリスクとリターンについて考えた結果、少しだけならと始めてみたら、
小遣いレベルのお金しか投資をしなかったのになんと200万円にも膨らんだのです。

これはすごい、と思ったのでそれから投資を続け、今では結局年に1000万円を稼げているのです。